スポンサードリンク

薬局開業に必要な手続きについて

薬局を開業する際に必要な手続きは、薬局開業に必要な資格で少し説明したのですが、所在地の各都道府県知事の許可です。

調剤薬局を開業するには必要不可欠で、この許可を受けるための手続きをしなければ経営を行っていくことはできません。

また、都道府県によって薬局の設置基準は異なり、東京都の千代田区を例にとってみてみると、「店舗面積は19.8u以上」「調剤室は6.6u以上」「鍵が備えられている貯蔵設備」といったように、細かく設定されております。

住んでいる地域によって異なるので、各都道府県の県庁の薬務課や衛生課で確かめた方が良いです。

薬局を開業するために必要な手続きですので、自分が住んでいる地域がどのような基準となっているのか把握しておく必要があります。

許可を取得したから良いというものではなく、法令に基づいた適正な管理が求められております。

私たちが安全に薬局を利用できるように、細かく定められているのは当然であると言えるでしょう。

この手続きは保健所で行われており、薬局開設許可申請書を提出しなければなりません申請書に関しては保健所の窓口で配布されていますし、インターネットを利用することで、PDF形式でダウンロードが可能です。

申請の許可の有効期限は6年間と定められているので、継続して薬局を開業するのであれば、更新の手続きが必要となります。

店舗の中を改装したり、薬剤師の変更があった場合も、その都度変更の手続きをしなければなりません。

都道府県知事の許可を受けるための手続きは、地域によって異なるものの、薬局開設許可申請書以外に薬局の平面図や医師の診断書、法人として薬局を経営するのであれば登記簿謄本を用意してください。

申請者以外の者が薬剤師を務めるという場合は、雇用契約書の写し又は使用証書が必要です。

また、毒物を取り扱う店舗は毒物劇物取扱責任者設置届、放射性医薬品を取り扱う場合はこれを使う際に必要な設備を記載した書類を用意します。

このように場合によっては保健所へ提出しなければならない書類は多く、社会保険事務局や薬剤師会、労働基準監督署での手続きも行わなければならないこともあります。

初めて薬局を開業するという方が、これら申請手続きの全てを把握するのは非常に困難であると思うので、コンサルティングを受けるのが良いでしょう。

ここでは、どのような手続きが必要となるのか、詳しく教えてくれるはずです。