スポンサードリンク

薬局開業と薬剤師について

薬局を開業したいと思っている方のほとんどは薬剤師の資格を持っていると思われます。

もちろん、全ての方がそうであるとは限りませんが、薬剤師の方が他の薬局で正社員やアルバイトとして働いて経験を積み、数年後に独立をして自分のお店を持つというケースが非常に多いのです。

薬局開業は、他の事業とは異なって初期費用が大きいという特徴があるので、薬剤師の資格を取得したからといって、直ぐに自分のお店を持てるというわけではありません。

まずはお金を貯めて自己資金を増やすことが大事です。

開業に必要な全ての費用を融資できるというわけではなく、自己資金が多ければ多いほど審査に通りやすくなります。

そのため、まずは正社員やアルバイトとして他の薬局で、実務経験を積むというのがオーソドックスなのではないでしょうか。

薬剤師は、比較的給与が高く、就職先を見つけるのがそこまで困難ではないという特徴があります。

これは薬剤師の資格が国家資格であり、取得するのが難しいからかもしれません。

調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は350万円〜400万円ぐらいが相場であると言われており、管理薬剤師となれば平均年収は 500万円〜600万円まで跳ね上がります。

働く薬局によって給与は異なり、規模の小さい薬局は給与が高く、大手のチェーン店になると低めの給与になるという特徴があります。

また、薬剤師が不足している地域にあるような薬局は、比較的給与が高くなっているのです。

このように、薬剤師の資格を持っているのであれば、比較的給料が高いので、開業資金を貯めるのはそこまで難しくはないと思われます。

もちろん、直ぐに貯まるような額ではありませんが、自分の夢を実現するためにも努力してみてください。

どんな薬剤師の方であっても、資格を取得したのであれば、自分のお店を持ちたいと考えるはずです。

資格を持っているということで、その夢を実現できる可能性はアップしているので、チャレンジする価値は大いにあります。