スポンサードリンク

雑貨屋を開業する方法について

ここでは、雑貨屋を開業するための方法について説明していきます。

特に難しい作業はありませんので、積極的に雑貨屋を開業してみてください。

 

@お店のコンセプトを決めよう

雑貨屋開業で説明致しましたが、雑貨屋を開業するために必要な資格というものは一切ありません。

資格を取るために勉強して経験を積んでということは必要ないので、まずは自分のお店のコンセプトを立てましょう。

「どのような商材を扱いたいのか?」「どのような雑貨屋を経営していきたいのか?」といったことについて、じっくりと考えてみてください。

自分の経営していくお店をしっかりと頭の中にイメージしていないと、お店の方針が分からなくなってしまうでしょう。

また、ターゲットにするお客さんの年代を定めてから、扱う商品を考えるのも良いかもしれません。

 

A販売する商品を具体的に定めよう

お店のコンセプトが決まったら、それをより具現化するために、具体的に取り扱う商品を決めましょう。

商品の価格・商品のスタイル・一押しの商品といったように、詳しくノートに書き出してみてください。

また、販売する商品は一つだけという決まりはありません。

「日常的に使用する生活雑貨」「小物を中心とした服飾雑貨」といったように様々な用途で使用する商品をたくさん扱う雑貨屋も良いでしょう。

 

B開業届を出そう

雑貨屋をオープンする際、株式会社を設立するという方はあまりいらっしゃらないと思います。

そのため、最初は個人事業主として開業し、お店が繁盛して規模が大きくなってきたならば株式会社の設立を視野に入れましょう。

個人事業主として開業するならば簡単な書類を税務署に提出するだけですので、誰でも簡単に開業することができます。

個人事業を開業する際に必要な費用はありませんので、心配ありません。

そして、開業届を税務署に提出したならば、お店名義の口座を開設しましょう。

利便性を考えれば、オープンする雑貨屋の近くの銀行が良いでしょう。