スポンサードリンク

雑貨屋を開業し商品を仕入れる前に

雑貨屋を開業し商品を仕入れる前に、どのような商品を取り扱い、どのような規模で経営していくかを決めなくてはいけません。

そうすることで、仕入れる商品の値段の大よそが出ます。

雑貨屋を開業するための資金と照らし合わせ、商品の仕入れ代金を想定しましょう。

雑貨屋を開業し商品を仕入れよう

どのような商品を取り扱っていくか決定したならば、商品の仕入れ先を確保しましょう。

雑貨屋を開業する際に取り扱う商品は、一番大事な要素ですので、慎重に仕入れ先を考えなくてはなりません。

あなたが出店するお店のイメージにあった商品を選ぶようにしましょう。

さて、実際に商品を仕入れる際、一番使用される頻度が高い方法は「差し替え制」です。

個人経営をしている雑貨屋の多くは、差し替え制のメーカーに依頼することが多くなっています。

差し替え制とは、基本的に買い取りとなっていますが、売れ行きが悪そうな商品は他の商品と交換することができるのです。

差し替え制以外のタイプとしては、展示会による商品の発注を行う「完全買い取り制」や、メーカーから商品を借り、売れた商品の料金を支払う「委託販売制」があります。

この2つの取り引きを行っている業者は、非常に少なくなっているのが現状です。

海外から商品を仕入れよう

中には、海外から商品を仕入れようと考えている方がいるでしょう。

海外から商品を仕入れる際に一番気を付けなくてはならないのは出張費です。

海外から商品を取り寄せるには、旅費がかかってしまうので、その値段を考慮しなくてはなりません。

仮に日本で高い値段で売れたとしても、旅費にかかる費用が多ければ多いほど、その分売り上げは減ってしまうのです。

また、ガラスといった割れやすい商品を取り寄せる際は、十分に気を付けなくてはなりません。

商品の輸送時に壊れてしまう可能性があるので、そのような商品を取り扱う場合は自分で持ち帰った方が望ましいと言えます。